トピックス TOPICS

当院が扱う総入れ歯の
種類と特徴

保険が適用される入れ歯

レジン床義歯

プラスチック素材を使用しているので食べ物の熱が伝わりにくく、厚みによって装着時の違和感が少しありますが、保険治療が可能なため安価で入れ歯を作りたい方におすすめの治療です。治療期間も短く、修理や調整にも対応しやすいので多くの患者様にお選びいただいています。

自費の入れ歯

金属床義歯

レジン床と比較して、厚みがかなり薄いので会話や発音への支障も少なく、装着時の違和感を感じることが少ない入れ歯です。チタンやコバルトクロムといった金属素材を使用しているため熱伝導率も高く、食べ物の温度が伝わりやすいので美味しくお食事をお楽しみいただけます。一方で金属アレルギーなどの懸念があるため、お身体との相性もご確認が必要です。

コーヌステレスコープ

コーヌスとは円錐形の意味で、歯に直接接着させる内冠(内側のクラウン)と入れ歯の本体、外冠(外側のクラウン)により構成されています。茶筒のような二重冠構造を利用した入れ歯です。二重冠構造にすることで、ご自身の歯と義歯が一体となり、義歯の動揺が非常に少なくなります。義歯の動揺が少ないことや、ご自身の歯を完全に覆うことで、歯にかかる負担が少なくなります。さらに、いつでも取り外すことができるので、清掃がしやすいといったメリットあります。