トピックス TOPICS

当院が扱う部分入れ歯の
種類と特徴

保険が適用される入れ歯

レジン床義歯

保険で治療が可能な入れ歯のため、比較的安価で作ることができます。また、治療期間が短く修理や調整にも対応しやすいといったメリットがあります。
一方で素材にプラスチックを使用しているため、厚さに少し違和感があるなど、食べ物の熱が伝わりにくいといった面もありますが“噛む”という基本的な機能については安心してご使用いただけます。

自費の入れ歯

金属床義歯

チタンやコバルトクロムといった生体親和性の高い金属素材を使用することで、レジン床と比較して厚みも少なく装着時の違和感を大きく軽減した入れ歯です。会話や発音への支障も少なく、食べ物の温度も伝わりやすいので美味しくお食事を楽しむことができます。デメリットとしては、修理が難しいという点や、金属アレルギーの懸念などがあげられます。

ノンクラスプデンチャー

金属のバネを使用しないため、入れ歯をつけていることが分かりにくく見た目が自然な入れ歯です。素材には強硬度のプラスチック系ナイロンを使用し、歯茎の色調に合わせてピンク色にすることで審美性を高めています。見た目や装着時の違和感を気にされる方におすすめの治療法です。しかし、素材に寿命があるため3年程度で作り変える必要や、保険入れ歯と比較して費用が高いといったデメリットもあります。

コーヌステレスコープ

コーヌステレスコープは、二重構造のはめ込み式の入れ歯です。残存歯に内冠を被せ、入れ歯側に装着した外冠をはめ込みます。内冠と外冠の摩擦力で、入れ歯を固定します。また、一般の部分入れ歯のように金属のバネが目立つこともありません。保険適用ではなく自由診療のみとなります、見た目が良くなるのはもちろん、治療後の歯の健康を維持するためにも有効な方法です。神経の無い歯には、適応はできません。